05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 

とうとう

昨日はとうとう雪が降った。フィギュアスケート・グランプリシリーズ第6戦のNHK杯が27日、長野市若里のビッグハットで開幕した。この日の長野市は朝から冷え込み、昼前からは初雪となる降雪もあったが、女子の浅田真央選手や男子の羽生結弦選手ら人気選手も参加する大会とあって、4211人の観客が訪れた。一方、2週間前のパリ同時テロの影響で、入場口では全観客の手荷物検査が行われた。 この日、長野市は最高気温が7・6度までしか上がらず、午前10時45分頃には今季の初雪を観測した。長野市の今季最低気温となる0・7度を記録した午後1時頃、入場口が開かれ、厚手のコート姿でマフラーを巻いた観客らが会場へ入っていった。入場口では、13日に起きたパリ同時テロを受けて、厳重な手荷物検査が行われた。大会を主催する日本スケート連盟は、29日までの期間中、検査の係員を従来よりも増員。観客にかばんを開けてもらったり、コートなどを広げてもらったりして、危険物を所持していないか確認した。長野も国際的になったもんだ。困ったものだ!
長野市でのNHK杯開催は6年ぶりということもあり、市内のホテルは期間中、観客の宿泊で軒並み満室状態となっている。市中心部のホテル担当者によると、約半年前から予約の電話があり、1か月前の時点で、27日と28日がほぼ満室となった。市郊外のホテルも満室状態で、宿泊客の8割は大会目当てだという。
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : その他

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

フリーエリア

 

フリーエリア

 
 
 
 

お客様

 

プロフィール

mikio

Author:mikio
FC2ブログへようこそ!

 

プロフィール

mikio

Author:mikio
FC2ブログへようこそ!

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>